男の憧れ腕時計 タグホイヤーの各種モデルと特徴

タグホイヤー(TAG Heuer )は1869年にドイツ系スイス人のエドウアルト・ホイヤーによって設立された歴史ある高級時計のメーカーです。設立当初からスポーツウォッチの開発に力を入れているメーカーですので2003年まではあのF1の公式時計を担当しており2015年まではマクラーレンのスポンサーを務め、現在もインディカーシリーズの公式時計やレッドブル・レーシングのスポンサー、オリンピックの公式時計などを担当しています。そういった経緯からタグホイヤーというと男の憧れでもあり、中でもCarrera(カレラ)やMonaco(モナコ)、Formula1(フォーミュラワン)などの各種モデルは世界的に有名なアスリートや著名人にも愛されてきました。カレラの最大の特徴は内部の精密な計時とスポーティな上にエレガントなデザインにあり、故アイルトンセナも愛したことで知られているモデルです。またセナはリンクというモデルも愛用しタグホイヤーに見せられた1人でもあります。そしてモナコはというと1971年の映画「栄光のル・マン」においてスティーブマックイーンが使用したことで知られていますが、その通りル・マンレースに耐えられる対衝撃性能を持ったモデルであり、世界初の角形本格防水、世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントを搭載したモデルです。そしてフォーミュラ1の特徴はシンプルでありながらスポーティなフォルムとF1モチーフモデルなのでドライビングに邪魔にならないようクロノグラフボタンとリューズを一体化した画期的なモデルとなっています。